FC2ブログ

ジルジャジーラ配信局

人生、様々な出来事や人との出会いがあります!時には不思議な出来事なども。そんな様々な体験、経験をさせてくれてることに感謝し、その内容を配信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気持ちのゆとり

先日、車で帰宅してるときに

気持ちにゆとりがあるであろうお爺ちゃん(老紳士!?)に

遭遇しました。


私のマンションは大通りの反対車線側(会社からの帰路で反対車線側になる)に面していて、

帰りはいつも、その大通りを右折してマンションに入らないといけません。


皆さんも経験があると思いますが、

右折しにくい大通りを右折するときって、後者の車はそれを避けて走らないといけないし、

その為に進路変更をしないといけません。

特に渋滞時などは、右折するのが心苦しく感じるときがあります。


大抵の車はいそいそと進路変更をし、かわしていきます。

時にはクラクションを鳴らされることもありますし、

追い越しざまに「こんなとこで右折するな!」的な表情で睨みつけてくる人もたまにいます。


そんな中、いつものように右折待ちをしていると、

私の車の後に大きな黒塗りのレクサスが、私が右折するのを待ってくれてました。

大抵の車は、少し待ったとしても隣の車線に入れるタイミングがあれば、

すぐに車線変更し、私の車を抜いていきます。


しかしそのレクサスは、私が右折できるまで(2,3分)ずっと待ってくれてました。

怒ってるだろうなーと思いつつ、バックミラーでレクサスの運転手さんの顔見たら、

見た感じ70歳代ぐらいのお爺ちゃんがニコニコしながら、ゆったりと待ってくれてました。

ようやく私の車も右折する事ができ、そのお爺ちゃんもスーッとゆっくり走り去っていきました。


凄く気持ちにゆとりのある方なんだろうなーと感じた体験でした。

同時に、私自身も「いつも急いでいたからこの大通りからの右折で帰宅してたんだ、

他の回り道を通れば多少時間はかかるけど後者の車を気にせずに帰宅できる」

と気づく事ができたのです。


あの時の老紳士に感謝感謝です m(_ _)m
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。